2020/12/16O.S.BATTLE of TOURINGイベントレポートUPしました。

2020/12/13(日)に「O.S.BATTLE of TOURING 2020 12TG王座決定戦」が開催されました。

今回は2クラス行われ、事前エントリーでは40名近くのエントリーがありましたが、最終的には、TGゴムタイヤクラスが6名、TGスポンジタイヤクラスが23名の計29名で開催されました。

〇予選
各クラス予選は、5分間の周回レースが2ラウンド行われ、上位2名が決勝へのシードとなります。
残念ながら今回TGゴムタイヤクラスは6名の為、全員グランドファイナル進出が確定し予選はグランドファイナルのグリッド決めとなりました。
見事TQを獲得したのは菅野選手でした。
一方、TGスポンジタイヤクラスは、1回のミスで順位が大きく変わるような熾烈な争いが各ヒート繰り広げられ、接戦を制した石川選手がTQを獲得!2番手には原田選手が続き、この2名がグランドファイナルへのシードとなりました。


〇決勝
決勝は予選順位の奇数と偶数でそれぞれA、B組に分かれ、勝ち上がり方式で行われまた。
ソーシャルディスタンスの観点から、操縦台の人数を最大8名に設定した為、8人決勝3名勝ち上がりとなります。
決勝時間は1/4ファイナルが10分、1/2セミファイナルが15分、グランドファイナルが20分にて行われました。

1/4B からは 山崎選手、滝選手、福田選手
1/4A からは 坂野選手、森山選手、小沢選手が1/2セミファイナルへ勝ち上がりを決めました。

1/2セミファイナルでは強豪選手が多くおられ、熾烈な争いとなりました。
1/2B からは 隅田選手、菊見選手、松田選手
1/2A からは 西本選手、三浦選手、柴田選手 が勝ち上がり
グランドファイナルへ進出となりました。

・グランドファイナル
TGゴムタイヤクラス
序盤、TQの菅野選手が転倒により順位を落としましたが、怒涛の追い上げによりTQ&WINを獲得。
中盤付近までトップを走行していた阪牧選手が2番手、3番手には河野選手となりました。

TGスポンジタイヤクラス
序盤、TQの石川選手が逃げる展開で、2番手には西本選手が続きテール・トゥ・ノーズの争いが繰り広げられました。
2番手走行の西本選手が転倒により順位を下げ、石川選手の独走かと思われましたが、スタートで出遅れた
隅田選手の猛追を見せ、ラスト1分の時点では2秒差まで接近。ゴール直前まで目の離せない展開。
石川選手が何とか逃げ切りTQ&WINを獲得。2番手には惜しくも届かず隅田選手、3番手には原田選手となりました。


新型コロナ禍の中、終日マスク着用、検温など皆様の感染予防対策のご協力のもと、何とかレースを開催することが出来ました。
また、来年度に向けてイベントレースを企画したいと考えておりますのでその際は、皆様のお越しをお待ちしております。

O.S.フィールド運営委員一同

記事一覧 次の記事 →