O.S.PROFESSIONAL

>O.S.PROFESSIONAL

UAV/ドローン用動力源のブランド。O.S.PROFESSIONAL

トップ >EM-100

EM-100 エンジンマネジメントシステム

製品の特徴

EM-100 エンジンマネジメントシステムは主にUAVに搭載されるエンジンや周辺機器装置を円滑に運用、制御できることを目的に開発された多機能システム装置です。

●絶縁型レギュレータ

本製品には、10V ~ 18V の外部電源からイグナイター用の6.0V(定格2A)の絶縁型レギュレータ出力と7.4V(定格8A)の非絶縁型レギュレータ出力を搭載しました。絶縁型とすることにより、イグナイターからのノイズにより受信機など他の電子機器が破損したり誤動作することがありません。また、送信機から6.0V出力をON/OFF制御できるのでエンジン停止などが可能です。

●ガバナ制御

ヘリ飛行時に必須となるエンジンの回転数を一定の範囲に保持するためのガバナ制御が可能です。

●センサーによるサーボのミキシング動作

テレメトリーセンサーが収集するデータより、従来システムのサーボ等が最大8個、S.BUSシステム対応サーボが最大18個までのフィードバックが可能なので、オートチョークミキシングやファーストアイドル(冷間時アイドルアップ)ミキシング、オーバーヒートアラームなどに利用できます。

●S.BUS搭載によるテレメトリー表示

燃料の残量やエンジン・マフラー等の温度、プロペラの回転数、高度、バッテリーの電圧値、電流値など飛行中の機体情報をリアルタイムで送信機の画面に表示することが可能です。

●CAN/RS485双方向通信

エンジンの※ECUや機体側の※UAVメインコントローラとの間でCANまたはRS485で双方向通信制御を行い、ECU側の温度、回転数、電圧などの情報をUAVメインコントローラに送信することが可能です。これにより、機体の安全性を飛躍的に向上させることができます。

※ECUとは、フュエルインジェクションシステム等エンジン制御装置です。
※UAVメインコントローラとは、自動飛行制御装置や監視観測用装置です。

EM-100

リンク

ページのトップへ戻る