O.S.PROFESSIONAL

UAV/ドローン用動力源のブランド。O.S.PROFESSIONAL

トップ > GF40U-FI

GF40U-FI

2017年8月発売予定

製品の特徴

ラジコン模型飛行機用エンジンとして実績のあるO.S. GF40をベースに、UAVでの使用を想定し、新開発の燃料噴射システムと、100W(200Wも選択可能)の発電機を搭載しています。レギュレートレクチファイアは、補機駆動損失の小さいオープン型レギュレータ方式を開発し採用しています。 このエンジンは4ストロークエンジンですが、オイル混合(2ストローク混合用オイルを使用)燃料による潤滑方式を採用しています。そのため軽量コンパクトで、エンジン搭載方法(正立、倒立、側方)も自由に選択でき、飛行中の姿勢変化にも影響を受けず安定した運転が可能です。オイル混合潤滑の為、排気にはオイルが混入しますが排気が高温の為、混入したオイルは燃焼するので、2ストロークエンジンに比べ排気口からのオイルの噴出もごく少量となっています。 また、燃費は弊社測定方法により同クラス2ストロークエンジンに対して、30%程度向上しています。

新開発の32ビットCPU搭載のECU(エンジンコントロールユニット)は、スロットル開度、エンジン回転数、吸気マニホールド圧、大気圧、吸気温度、エンジン温度をもとにエンジンに対し最適な制御を行います。 ECUは、エンジン回転数,エンジン温度,スロットル開度,燃料噴射量などのECUが持つパラメーター情報を、シリアル通信(オプションにてCANにも対応)にてリアルタイムで外部に提供します。 燃料噴射システムは、レギュレーターバルブやエンジンからのリターンホースを必要とせず、燃料ライン圧力を直接センサーが読み取り、ECUが燃料ポンプを制御して常に安定した燃料の供給を実現します。 小型燃料ポンプは、電源電圧DC12Vにて、吐出圧力300kPa時の吐出流量120cc/min以上を5Wの低消費電力で実現します。 インジェクターは、実績のある汎用製品を使用しています。

GF40U-FI

リンク

ページのトップへ戻る